UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

SDNet 開発環境

コントロール プレーンから
データ プレーンまでプログラマビリティを拡大

「Softly」 Defined Network の実現

ザイリンクスの All Programmable FPGA/SoC を併用する SDNet (Software Defined Specification Environment for Networking) は、現在の SDN (Software Defined Network) アーキテクチャを上回る優れたソリューション 「Softly」 Defined Network を実現します。

「Softly」 Defined Network は、SDN 機能をサポートし、制御プレーン SW と動的に連携する、コンテンツ インテリジェンス機能を備えたソフトウェアでプログラムできるデータ プレーン ハードウェア を介して、これまでとは全く異なる差別化要素をもたらすことができます。また、性能や柔軟性の向上やコンテンツ中心ネットワークのセキュリティ問題にも対応します。

softly-defined-networks

SDNet 仕様環境では、次のような優れた機能を実現できます。

  • プロトコルの複雑性に関係なくワイヤースピード サービスをサポート
  • フロー単位での柔軟なサービスのプロビジョニング
  • 100% ライン レートで動作中に、ヒットレス (中断のない) で機能アップデートが可能

通信事業者や MSO 事業者はこのような優れた機能を利用することによって、既存のサービスを一時的に停止することなく、またハードウェアの再検証やトラックロールを行わずに独自の差別化サービスを動的に提供できるようになります。結果として、設備投資、運営費、開発時間を大幅に削減し、サービス プロバイダーに高い収益をもたらします。ネットワーク機器メーカーにも同様のメリットがあり、豊富な機能を備えた柔軟な Softly Defined Network プラットフォームによって、SDNet 環境で規定されるコンテンツ対応型データ プレーン ハードウェアの開発においてさまざまな差別化を行うことができます。

SDNet とザイリンクスの All Programmable FPGA/SoC で実現する Softly Defined Network ソリューションのその他のメリット

  • 高性能かつ柔軟な QoS (サービスの品質)
  • フローおよびセッションに対応する機能
  • 完全にプログラム可能なハードウェア データ プレーンおよび I/O
  • ユーザー定義、カスタム機能を含むワイヤー スピードの NFV をサポート
  • 拡張可能なライン レート (1G ~ 400G)

次の図は、システム設計者が All Programmable デバイス アーキテクチャの詳細知識がなくても、All Programmable テクノロジのメリットを最大限に生かして、より高性能な Softly Defined Network を実現できることを示しています。さらにこのインプリメンテーション フローでは、サービスの複雑なインプリメンテーション プロセスに時間を費やす必要がないため、提供するサービスの向上に注力できます。

sdnet-implementation-spec

SDNet は、各アプリケーション向けに最適化されたライブラリと関連する設計環境を使用することによって、ザイリンクスの All Programmable デバイス上で最適化されたハードウェア インプリメンテーションに仕様を自動変換し、最適なコスト、消費電力、性能でのライン レート性能を提供する高度な仕様を使用できるようにします。

ザイリンクスのパケット ベース プロセッシング向け Smarter Solution には、次のものがあります。

SmartCore Programmable Packet Processing IP Suite (プログラマブル パケット プロセッシング IP スイート)

  • ネットワーク プログラミングの大きな進歩により、迅速なネットワーキング スタック開発が可能
  • ザイリンクスの開発ツールでポストプロセスされた直感的なハイレベルのネットワーキング仕様により、ヘッダーやペイロードを含むパケット パーシングが迅速化
  • 最先端のコンパイル ツールで、ザイリンクス FPGA アーキテクチャに対応した RTL の生成が可能
  • 多様なパラメーターでネットリストを生成
    • プロトコル
    • パケット フォーマット
    • コンパイル時間を最適化するパラメーター
      • FPGA ファミリ/デバイス
      • バス幅
      • クロック周波数など
  • ザイリンクスの Vivado® Design Suites で認識および処理されるパーサー SmartCore rtl
  • パーサーは、シーケンシャル フィールド間に固定/可変スペースを用いてあらゆる長さのデータ ストリームを解析可能
  • ツール チェーンにより、FPGA ファミリ/デバイスの固定コンフィギュレーションを使用するスタティック インプリメンテーションが可能
  • アドバンス オプションにより、インソケット プログラマビリティが可能 (最初の製品ロールアウトは、CDC によるザイリンクス カスタマイゼーション サービスが必要)
  • 豊富な IP モニタリング機能 (API 経由で割り込みおよびステータスを利用)
  • Virtex-7® デバイスのパーシング例 (ザイリンクスの FAE/設計者がデモ用に提供)
このページをブックマークに追加